過去3年間の合格者

合格大学一覧

徳島大学(医) 東海大学(医)
高知大学(医) 藤田保健衛生大学(医)
山形大学(医) 近畿大学(医)
北海道大学(医) 金沢医科大学(医)
自治医科大学(医)  岩手医科大学(医)
順天堂大学(医) 酪農学園大学(獣医)
昭和大学(医) 北里大学(獣医)
日本医科大学(医) 麻布大学(獣医)
東邦大学(医) 日本大学(獣医)
東京女子医科大学(医) 日本獣医生命科学大学(獣医)
聖マリアンナ医科大学(医) 日本大学(医)
他多数…

合格者の声

先輩医師からの激励の言葉

外科医:羽生信義先生

町田市民病院副院長・外科部長
東京慈恵会医科大学 客員教授
医学博士

一流医師が語る医師の“スピリット”
~医療系の仕事を目指す後輩たちへ~

命の現場で自分を支えるのは、医師としての“スピリット”。
手術が難しいと言われる食道ガンのエキスパートとして活躍している羽生先生。
現在は若い研修医を育てる役目も担っている先生が語る、貴重なご経験のお話、そして医師を目指す人へのメッセージとは?

高校時代の衝撃的な“事件”が医師を目指すきっかけになった

私が医学部を受験したのは今から40年くらい前でしょうか。その頃は、“親が医師でなければ子供は医師になれない”と言われていました。金銭的な問題に加えて、今でさえ80ほどの大学に医学部家庭があって8.000人くらいの定員ですが、当時は5.000人弱の定員しかなかったこともあって、とても狭き門だったのです。しかも私の父は公務員でしたから、このチャレンジはとてもハードルの高いものでした。

しかし、それでも私が医師になろうと思ったのは、1968(昭和43)年に行われた日本初の心臓移植手術がきっかけでした。この手術はその後さまざまな論議を呼びましたが、当時高校2年生だった私には、とても衝撃的な出来事でした。“技術を駆使して、人の命を助ける” ――こういう仕事ができる医師、特に外科医に憧れたのです。でもいざ受験勉強を始めると、とても大変でした。浪人の時に早稲田ゼミナールに通ったのですが、当時は名物先生がたくさんいて思い出深いです。
夢中になって勉強していても、それでも秋以降はプレッシャーもあって精神的にとてもきつかったですね。そんな時は、学生時代に熱中していた陸上・短距離のことを思い出し、当時の走っている写真を見て気力を振り絞っていました。
医師になろうと決意した高校時代、それが私の原点だったのです。

技術だけでなく、医師として大切な事を学んだ若い頃

こうして東京慈恵会医科大学に進んだのですが、ここからも苦難の連続でした。
大学時代から専門は食道ガンだったのですが、これは外科の中でも最も手術のダメージが大きく、医師の腕が試されるから。どうせ外科医になるのなら最高レベルの技術を身につけたいと思ったのですが、それだけに苦労が多かったですね。
25歳で卒業してからも、研修のため休みの土曜日や日曜日には群馬県にある

先輩の病院に通って、技術をみっちりと教えてもらっていました。その先輩はとても厳しく、手術中には常に怒られっぱなし。病院の外では優しく接してくれるのですが、とにかく現場では本当に厳しい人でしたね。結局10年間教わったのですが、この時期にきちんと修練を積んだおかげで、人の命を預かる現場で難度の高い外科手術を行うというのはどういうことか、その真髄を教わりましたね。
また、技術以外の事も大切です。どんなに知識があったとしても、実際に患者さんに対して適切な治療ができなければ何にもなりませんし、手術に際しても患者さんに対してはもちろん、ご家族にもきちんと内容を説明して信頼を得なければいけません。そのためには、常に謙虚な気持ちを持つ事が大切なのです。辛い毎日の中でも、私は若いときにこうした大事なことを学んできたような気がします。

命を預かる現場で大切なものを若い医師に教えていくのも仕事

こうして東京慈恵会医科大学に進んだのです今は外科部長として後進を育てる役目もしているのですが、若い研修医たちには“細かさとスピード、そして気配りを忘れるな”と言い続けています。
私が先輩に教わった時のように、私も手術室ではきちんと怒りますね。そして約束や期限を守るといたことも厳しく指導しています。医師は、最初の指導が肝心ですから、若い研修医には人間を育てる、という気持ちで接しているつもりです。

もう1つ、私が常に言い続けているのは“外科医は全医療従事者の模範になれ”ということです。誰よりも早く病院に来て、謙虚な気持ちで責任感をもって仕事をする。これは外科医の“スピリット”と言ってもいいかもしれませんね。そういう気持ちを持っていて欲しいと思うのです。
このスピリットの原点は、私の場合は医師になると決意した高校時代にあると思いますね。みなさんの中には親が医師の方もたくさんいらっしゃると思います。しかし、そうした人もそうでない人も、“なぜ自分は医師になりたいのか”という思いを持っていてもらいたいです。医学部の勉強は覚えることばかりで大変ですし、卒業してからも苦しいことの連続。しかも責任が重くのしかかります。決して苦痛と思ってはできない仕事ですから、そんな時に自分を支えるのが原点なのだと思うのです。
一人ひとりのその原点が、スピリットとなって自分を支え、人の命を救っていく――。そんな気概をもった医師がたくさん出てきたらいいな、と思いますし、私は後輩のために全力で外科医の真髄を教え続けていきたいと思っています。

羽生 信義
はにゅう のぶよし
東京慈恵会医科大学卒。
慈恵医大外科に勤務後、2004年7月に町田市民病院着任。同年10月より外科部長。
2009年4月から同病院副院長に就任。
現在、客員教授として母校の慈恵医大で教鞭を執り、後進の育成にもあたっている。